スッキリクラスコト

スッキリシンプルに暮らすためのお家づくりを綴っています。

タグ:もしもの備え




LINEで更新通知が受け取れる
▽便利な機能はこちらから







もしもの時…その防災グッズ使える?




電池を使う
防災グッズはたくさんあります。


・懐中電灯
・ランタン
・防災ラジオ
・充電器   
  


など。



IMG_1970



でもいざという時に
電池がなかったら役立ちません…。



そんなことがないように
上手く管理していきたいと思っています!





今日は
電池管理の方法について
まとめました。





電池はローリングストック




電池はもしもの備えとして
ローリングストックしています。



IMG_2180



多めに備えて
使った分新しく補充する仕組み。





災害時に使う
懐中電灯やラジオなど

どの電池を使っているのか
一度確認してみてください。



IMG_2181



それによって
多めにストックした方が良い
電池が分かります。





電池どうやって収納・管理する?




収納に使っているのはこちら。



IMG_2177






ポリプロピレン収納キャリーボックス・ワイド・ホワイトグレー/約幅15×奥行32×高さ8cm





電池は重いので
持ち手付きだとラクです。



小分けに入れていた時も
あったのですが

ざっくりひとまとめにする方法が
私には合っていました。




ポイントは
縦に並べることができること!



IMG_2178



電池には
「使用推奨期限」があります。




電池の性能が十分に
発揮されるという目安です。



収納する時に
手前から奥にいくにつれて
期限が長くなるように入れています。



合わせて
「手前から使ってね!」
とラベルを付けています。



IMG_2179



こうすることでみんなが
期限が短いものから
使えるシステムにしています。



ロハコの電池を愛用。
シンプルで分かりやすいデザイン◎

IMG_2182



うっかり使い忘れ防止や
期限の確認も最小限で済みます。





充電池も使っている!




実は充電池も使っています。



IMG_2187



ゲームの電池が
すぐになくなってしまい

電池を買う手間もかかるので
充電池を使うようになりました。


(子どものたまごっち、
すぐに電池がなくなる ~^^ ;)



IMG_2186



初期費用は掛かりますが


買う手間も捨てる手間も
少なくなり快適です!



IMG_2184





▽使っているものはこちら

 




▽約1000回繰り返し使えます。







防災について考えるとき
どうしても気持ちがのらないのは
不安な気持ちが伴うから。




でも「大切な人のために」と
考えると行動にうつす力になりますよね。





ときどきここで
我が家の備えについて
ご紹介させてください。



一緒に取り組んでいけたら
嬉しいです。






今日もお読みいただき
ありがとうございました。













合わせて読みたい






 




消費税増税前対策。分かりやすい解説↓





ご質問やコメントはInstagramの最新記事にお願い致します。
Instagramはこちら。フォローしてくださると嬉しいです♩





LINEで更新通知が受け取れます↓





愛用品などはこちらで紹介しています↓






LINEで更新通知が受け取れる
▽便利な機能はこちらから







マグネット付センサーライトが優秀




無印良品の
マグネット付センサーライト。



IMG_1968



これすごく良いです!




マグネット付センサーライト/MJ‐MSL1




暗いところで
センサーが人を感知すると
10秒間点灯してくれるライト。





どこに使っている?




どこに使っているかと言うと…。




階段!




フックを付ければ
いろいろな場所に
簡単に設置できます。



IMG_1971



階段に設置すれば
暗い中でも
足元を優しく照らしてくれます。



IMG_1970



子どもがひとりで
上り下りするときにも
明るいと安心です^^




それにこのライト
思った以上に明るい!!






裏にはマグネット付なので
玄関ドアにもこんな感じで
設置できちゃいます。



IMG_1974



荷物が多いときにも
帰宅と同時に照らしてくれるので
とても助かります。




マグネットが強力なので
滑り落ちてくることもなく
ストレスフリーです。



IMG_1969




もしもの備えとしても




コンセントがない場所でも
使える電池式。



IMG_1973



停電などもしものときの
明かりや誘導灯としての
役割も果たしてくれます。





センサーライト他にも




無印のセンサーライト
我が家では他にも
活躍してくれています。



これもコンセントに付けることが
できて便利◎



LEDセンサーライト/型番:IS‐001





トイレ前に設置しています。
夜中の子どものトイレにも
優しく照らしてくれて
本当に助かっています。



明るさは
マグネット付センサーライトが
勝ちですね~。





センサーライトは
自分でつけたり消したりする
必要がないので暗い室内で
子どもやお年寄りにも優しい。





電池式ならもしもの備えとして。
いざというときにも
力を発揮してくれます!





今日もお読みいただき
ありがとうございました。











合わせて読みたい














消費税増税前対策!
とても分かりやすい解説↓






ご質問やコメントはInstagramの最新記事にお願い致します。
Instagramはこちら。フォローしてくださると嬉しいです♩






LINEで更新通知が受け取れます↓






愛用品などはこちらで紹介しています↓







LINEで更新通知が受け取れる
▽便利な機能はこちら








来客用布団として購入したモノ




▽前回記事
「使っていたエアーベッドを捨てた」
「来客用布団で重視すること」







お泊りはもちろんwelcome!

でも布団の管理は場所も取るし
出し入れは面倒…。



使っていたエアーベッドに
穴があいたことがきっかけとなり



来客用布団として
「ねぶくろん」を購入しました。



ねぶくろんって?
寝袋と布団の中間的な商品。



IMG_2021






届いて一番に感じたことは

コンパクトで軽い!



専用の袋に入っていて
さらにベルトで締めることで
コンパクトに収納することができます。



中はこんなかんじで
クルクルとまるめて収納します。



収納袋に入れるのが大変?
と思ったのですが
実際にやってみたら簡単でした!



IMG_2023



敷き布団と掛け布団を
このサイズで収納できるのは
本当にありがたい!






広げるとこんな感じ。



IMG_2026



横幅がシングル布団サイズ並(100㎝)
なので大人でも十分なサイズ。



両サイドがファスナーになっていて
掛け布団と敷き布団を
分けることができます。



IMG_2028



季節に合わせて
温度調節がしやすい。



IMG_2029





寝心地は?




購入前に
一番気になったのは寝心地。

実際にゴロンと寝てみました!





柔らかくてふかふか。
それに暖かい。
なかなかいい感じです♩






フローリングに直接敷くと
床の硬さを感じるので

より快適に寝るためには
下にジョイントマットやレジャーマットなど
クッション性があるモノを
下に敷いたほうが良さそう。




我が家の場合はこちらを。



IMG_2032






折り畳みタイプのレジャーマット。



収納や持ち運びのことを考えて
収納袋付きのモノを選びました。



レジャーマットなので
来客時だけではなくて
ポップアップテントの中で
ごろんとする時に使うなど
使い道が何かとあります。



軽いので出し入れもラク♩



IMG_2031



開封時、臭いがありましたが
外干ししたらなくなって一安心 ^^ ;





サイズは
ねぶくろんより小さいですが
許容範囲かなと。



IMG_2033



ねぶくろんの販売店でも
合わせて使うマットを紹介していました。


▽こちら






心地よく使ってもらうために




来客用布団。
できれば洗えた方が
清潔で気持ちが良く
使ってもらえますよね!




これは丸洗いができるところが◎
シーツやカバーを付けなくても
そのまま使えます。





敷き布団と掛け布団に分かれるので
カバーなどを使うこともできます。
(サイズ的にカバーが余ります。)


こうすると
より布団らしくなります。


季節に合わせて
カバーなどを使っても良いかも。



IMG_2030



実際に洗える?



我が家の洗濯機だと
ぎゅうぎゅうだったので…。

敷き布団と掛け布団を
分けて洗いました。



問題なく丸洗いできました!



洗えるって本当に気持ちがいい!

さらにふかふかになりました^^





メリット・デメリットまとめ




実際に使ってみて…。




メリット


・使わないときにはコンパクトになる

我が家は押入れがないので
お布団の収納場所の確保に困る…。
コンパクトに収納できることは
とてもありがたいです!



・使い道が豊富

コンパクトに持ち運びができることで
レジャーやもしもの備えとしても
使うことができます。(車内や避難場所など)
「来客用布団」だけではなく
他にも使い道が豊富なことは
とても頼もしい◎





デメリット


・下に敷くモノが必要
(あったほうが寝心地が良い)


先ほども書きましたが
フローリングの上だと硬さを感じるので
マットなどクッション性のあるモノと合わせて
使った方が良さそうです。



・布団ぽくない

私は特に気になりませんが
見た目が気になる場合は
カバーなどを使うと
より布団らしくなります。





今回購入した
「ねぶくろん」ですが



結果…。



とても良い買い物だったと
思っています◎



(それに購入に踏みきれたのは
すごく詳しい説明が載っていたから!
分かりやすくてすごく参考になりました。
商品を直接見ることはもちろん大切ですが
きっとそれ以上の情報量^^!)





たまにしか使わないモノは
他にも使い道があるモノを選ぶと
有効に使えますね◎




IMG_2027



ちなみに…



もし冬場寒いようなら
インナーシェラフがあると
便利だな!と思いました。



これがあれば
カバー代わりにもなる?

車にひとつ
備えておいても良いかも。


購入時そこまで考えることが
できなかったのですが
合わせて買えばよかったな。





また季節を通して
暖かさなど思うところがあれば
追記したいと思います。



IMG_2022



今日もお読みいただき
ありがとうございました。













合わせて読みたい













ご質問やコメントはInstagramの最新記事にお願い致します。
Instagramはこちら。フォローしてくださると嬉しいです♩





LINEで更新通知が受け取れます↓





愛用品などはこちらで紹介しています↓





テレビを壁掛けにした



少し前にテレビを壁掛けにしました!



IMG_9871



気づいてメッセージくださった方も
ありがとうございます。

ご質問などもいただいていましたので
ご紹介させてください。




今年のやりたいことリスト
一番に書いていたこと。



調子の悪いテレビの新調に合わせて

テレビを壁掛けにしたい!




自分でやるのか、

業者に依頼するのか、

費用はどのくらいかかるのか、

設置するための金具はどれにするのか、



などなど
検討することがたくさんあって
なかなか行動にうつすことが
できなかったのですが…。



やっと念願の!
壁掛けテレビにすることができました。



IMG_9875



業者に依頼したこと



業者に依頼したことは2つ。

壁掛けにしたテレビから
キャビネット裏までの配線を隠すために



テレビ裏とキャビネット裏に
 コードを通す穴を開けてもらうこと

その穴にコードを通してもらうこと




でした。




コードは配線モールなどを使い
自分で隠そうか悩んだのですが
工事の費用が数千円でできたので
依頼することにしました。





テレビ裏
IMG_9867





キャビネット裏
IMG_9868



自分で壁掛けにした方法



その他は
自分たちでしました。




使ったのは

「ホチキスだけで設置ができる壁掛け金具」



 





石膏ボードの壁であれば
壁にネジなどの穴をあけることなく
設置することができます。



IMG_9863



コツをつかむまでは
ホチキスの針が曲がったり
上手く壁に入らなかったりしましたが
コツさえつかんでしまえば
サクサクと進みました。





写真の通り
結構失敗して針がダメになりましたが
それでも余るくらいに入っていたので
たくさん失敗しても大丈夫でした!



IMG_9862



その後にテレビを設置するのですが
テレビは重量もあって
ひとりでは難しいので
夫と一緒に作業しました。



メリット・デメリット



実際に壁掛けテレビにした
メリットは




・とにかく見た目がスッキリ!

・置かないことで掃除がラク!

・圧迫感もないので部屋が広く感じる!






壁掛けテレビにしたかった理由として
普段の生活のことだけではなくて
もしもの時に安全性を
考えたことも大きかった。



震度6強の地震試験を
クリアしている金具だということも
選んだ理由のひとつです。



IMG_9870



逆にデメリットは、




・気軽に位置や場所を移動できない。


かなりのホチキスをさしたのでこれを外して
新しい場所に設置するには大変です。





・実際に外したことがないので、
針の跡がどのくらい目立つのかわからない。



ひとつひとつは大きな穴ではないのですが
かなりの数をさしているので
外したらどうなるのか…。
もし外すことがあれば
レポートしたいです。





我が家の間取りを考えると
テレビを設置できる場所がここだけなので
それを変えることはまずないのですが


設置する位置については
上下左右、マスキングテープを貼って
何度もシュミレーションしました!





設置完了まではドキドキしましたが
そのおかげで位置もバッチリでした。



IMG_9860



まとめ



テレビを壁掛けにするのに
一番大変だったのは
実際の設置作業より



「どうやって壁掛けにするのか?」
を考えることでした。



考える時間はかかりましたが
壁掛けにして本当によかった!






キッチンからの眺めもスッキリです。





before
IMG_9878





after
IMG_9869



過ごす時間が長いリビングだからこそ
スッキリとさせたい!



これからも
もしもの時の安全性も考えながら
お家づくりをしていきたいと思います。



検討されている方の参考になれば
嬉しいです。





 










ご質問やコメントはInstagramの最新記事にお願い致します。
Instagramはこちら。フォローしてくださると嬉しいです♩






LINEで更新通知が受け取れます↓






愛用品などはこちらで紹介しています↓


  • ・コラムニスト
    ・整理収納アドバイザー1級
    ・整理収納教育士
    ・片付け遊び指導士

    子どもが産まれてモノで溢れたことがきっかけとなり、暮らしを見直すように。
    家事がラクになるようにスッキリと暮らす仕組みづくりを日々研究中。

    ・著書「ラクしてスッキリシンプル家事 」(扶桑社)

    お仕事のご依頼はこちらからお願いします。