スッキリクラスコト

スッキリシンプルに暮らすためのお家づくりを綴っています。

タグ:リビング




LINEで更新通知が受け取れる
▽便利な機能はこちら





実際にタイルを貼る



▽《前編》タイル選びの記事はこちら







▽使ったタイルはこちら







いざタイルを貼っていきます!



シールタイプなので
直接貼ることもできますが


取り外す可能性を考えて
マスキングテープを貼りました。




IMG_0701



直接貼るよりは
ベタベタが残りにくいと期待して。



予算にあう幅広タイプがなく
時間はかかりましたがこの幅で ^^ ;

IMG_0700



あとは簡単!

一枚タイプと
半マスタイプを組み合わせて
貼っていくだけ。



IMG_0716



面倒なことは何もなく



無心になって貼る時間が
楽しかったです~^^




もともと目地がタイルについているので
本当に貼るだけ。

IMG_0704



そのあと

カットしてもらったタイルを
埋めていきました。



IMG_0713



壁とタイルとの数ミリの隙間は
練り目地材を使って埋めました。



平らにするのに苦戦…。
綺麗じゃないですがこれでよしとしました。

IMG_0719



練り目地材は

紙粘土のような感じで
軽くてちぎって使うことができます。



IMG_0714



これを細長く伸ばして
隙間に入れていきます。



IMG_0715



粘土と違うところは弾力?があり
細長く伸ばす作業が
意外に苦戦しました~^^ ;




目地材を入れるのは
隙間が目立った縦だけにして
横は入れないことにしました。


細く伸ばす作業が
苦手だったのでまっいっか!と 笑




もともとタイルでぴったり埋まれば
入れる必要もないですが
そんな技術はありません ^^ ;



実際にタイルを貼った感想



陶器でできたタイルなので
重みがありますが



シールの粘着力が結構強いので
しっかりと貼れています。





タイルを貼ってから数か月。

今のところは剥がれたり取れたりは
していません。


定期的にチェックしながら
耐久性についても思うところがあれば
追記したいと思います!





タイルを貼ること自体はとても簡単で
自分でこんな風にお手軽にできるなら
他のところもしてみたいと思いました^^






Before

これもすきだったけど
IMG_0699



After

イメージチェンジができてうれしい^^
IMG_0717



時間がかかったことは…。


初めてのことだったので
タイル選びも方法も
試行錯誤しながら決めることでした。





もしかして

もっと良い方法や
モノがあるかもしれませんが



おうちの雰囲気を変えたいと
思っている方がいらしたら
少しでも参考になれば嬉しいです^^





今日もお読みいただき
ありがとうございました!









▼合わせて読みたい













ご質問やコメントはInstagramの最新記事にお願い致します。
Instagramはこちら。フォローしてくださると嬉しいです♩





LINEで更新通知が受け取れます↓





愛用品などはこちらで紹介しています↓






今日もご訪問いただき
ありがとうございます!




LINEで更新通知が受け取れる
▽便利な機能はこちら






カウンターの壁にタイルを貼った



少し前にダイニングにある
カウンターの壁に
自分でタイルを貼りました!



IMG_0720



ご質問もいただいていて
遅くなりましたが
やっとまとめることができました^^




もともとお家を建てたときに
タイルを貼っていたのですが

雰囲気を変えたくなって
自分で簡単に貼れるモノがないか
探していました。




今までDIYなど
全くしたことがなかったので

選ぶうえで



簡単にできる!
というのは大きなポイントでした!




やっと決めた陶器のタイル



自分好みのタイルを
見つけるまで時間がかかりました ^^ ;




悩むこと数ヵ月。




やっと納得して決めたのは
シンプルな白のサブウェイタイル。



IMG_0702



▽こちら




半マスタイプ





陶器のタイルです。



決めてになったのは、
陶器のタイルでありながら


・目地剤
・接着剤
・テコ


などが不要で

シールでペタっと
貼るだけのお手軽さ!




目地のカラーも
ホワイトとブラックで選べます。

IMG_0703



タイル風の壁紙も
検討していました。

でも、
もともとあったタイルの上に
貼るとなると凹凸が目立つかも…。


だったら
タイルのほうが厚みがあって
凹凸が隠せると思ったので

本当の陶器のタイルを
貼る事にしました^^



陶器のタイルを貼る問題点



でも陶器のタイルにすることで
実は問題点が!



それは、
きっちりおさめることが難しい!!





壁紙タイプであれば
貼りたいサイズに合わせて
自分でカットすることが
できるのですが


陶器のタイルだと
自分でカットすることができない…。




それに加えて我が家は

カウンター上のスペースで
貼るサイズが決まっていること

に加えて

既に貼ってあるタイルを
隠す必要がありました。



(広い壁の一部分だけならきっちり
おさめなくてもいいですよね!)




こんなかんじに
下のタイルが見えていたら
気になりますよね~ ^^ ;



途中経過。
IMG_0704



隙間をどうするか
これはタイルを決めるうえで
一番悩んだことでした!




いろいろ検討した結果…。




貼りたいサイズに合わせて
端のタイルをカットすることにしました。





と言うのも
カットしてくれるショップを
見つけることができました!




IMG_0711



▽こちらでタイルカットしました
同じタイルのお取り扱いがありました!
(持ち込みタイルは不可)





通常タイプ
半マスタイプ
カットタイプ
(・練り目地材 後編で詳しく書いています。)

を注文。




これを組み合わせて貼っていきます!




注文してから手元に届くまで
ドキドキしましたが
素敵なタイルでホッとしました♩



IMG_0721



次回は実際に貼っていく様子を
ご紹介させていただきます。





今日もお読みいただき
ありがとうございました!










▽後編 実際にタイルを貼っていきます!









▼合わせて読みたい














ご質問やコメントはInstagramの最新記事にお願い致します。
Instagramはこちら。フォローしてくださると嬉しいです♩





LINEで更新通知が受け取れます↓





愛用品などはこちらで紹介しています↓


  • ・コラムニスト
    ・整理収納アドバイザー1級
    ・整理収納教育士
    ・片付け遊び指導士

    子どもが産まれてモノで溢れたことがきっかけとなり、暮らしを見直すように。
    家事がラクになるようにスッキリと暮らす仕組みづくりを日々研究中。

    ・著書「ラクしてスッキリシンプル家事 」(扶桑社)

    お仕事のご依頼はこちらからお願いします。