スッキリクラスコト

スッキリシンプルに暮らすためのお家づくりを綴っています。

タグ:子ども部屋




子ども部屋を空っぽにしているワケ



5帖程の子ども部屋。



IMG_0570



自分で使うようになるまで
決めていたことがあります。



それは物置にしないこと。



空き部屋だと思うと
ついついモノを置いてしまい

いつの間にか物置部屋に
なってしまいそうで…。



いざ使いたい時に
スムーズに使えるように
スッキリした状態をキープしていました。




IMG_0591



おもちゃや服などは
いつもいるリビングに置いているので
子ども部屋にあるモノは木製キッチンと
おもちゃが少し。



モノがないことで良かったこと



実はモノがなくて良かったことは
物置にならないことだけではなかった!



掃除がとにかくラク

動かすモノもほとんどなく
掃除がラクにすみます。

ルンバでの
寝室のベッド下の掃除のついでに
ここも掃除しているので
掃除機がけもほとんど不要です。

床拭きもあっという間に終わります。

布類もないから他の部屋に比べると
ホコリもすごく少ない。



コンパクトな部屋なので引きで撮っても
全体像がなかなか撮れない^^ ;

IMG_0572



何もないからこそ使い道がたくさんあった

他の部屋だと
家具などがあってできないことも
この部屋ならしたい放題^^

5帖程ですが家具がないことは大きい!

・柔らかいボールでサッカー
・縄跳び
・トランポリン
・相撲 (笑)

など
身体をつかう遊びをしていました。

特に外遊びができない日や時間帯には
何かと便利な場所でした。



子どもが使えるよう動きだすことに



来年小学生になるのでそのタイミングや
友達との行き来が頻繁になってきて
本人も自分の部屋を
意識するようになってきました。


そこで子どもが使うことを考えて
動きだすことに。



でもずっと不便に思っていたことが
浮き彫りに…。





長くなりそうなので
それはまた次回♩





▼続き







▼合わせて読みたい







ご質問やコメントはInstagramの最新記事にお願い致します。
Instagramはこちら。フォローしてくださると嬉しいです♩



LINEで更新通知が受け取れます↓



愛用品などはこちらで紹介しています↓


  • ・コラムニスト
    ・整理収納アドバイザー1級
    ・整理収納教育士
    ・片付け遊び指導士

    子どもが産まれてモノで溢れたことがきっかけとなり、暮らしを見直すように。
    家事がラクになるようにスッキリと暮らす仕組みづくりを日々研究中。

    ・著書「ラクしてスッキリシンプル家事 」(扶桑社)

    お仕事のご依頼はこちらからお願いします。